江戸の原風景を残す宿場町

木曽路は、江戸と京都を結ぶ中山道の中で、美濃国(岐阜)と信濃国(長野)を結ぶ山道です。急峻な木曽谷を通る街道(木曽路)にある11の宿場町は、昔の旅篭がそのまま残り、出梁造りや竪繁格子の質素な家並みが旅人を迎えます。その中でも当時の面影を最も良く残している3つの宿場町をご紹介いたします。ぜひ訪れて情緒溢れる町並みをゆっくりとご散策ください。

― 妻籠宿 ―

妻籠宿は、中山道69次のうち江戸から数えて42番目の宿場町で、南木曽町の中山道と飯田街道の分岐点に位置し、古くから交通の要所として栄えたました。全国で初めて古い街並みを保存した全長約500mの町並みは、まさに江戸時代にタイムスリップした感じで、江戸の宿場の雰囲気を感じることができます。


― 奈良井宿 ―

日本最長の宿場町である塩尻市にある奈良井宿。木曽路の中ではもっとも長野側で、一番標高の高い場所に位置しています。鳥居峠を控え、街道を行き交う旅人で栄えた奈良井宿は、「奈良井千軒」と謳われ木曽路一番の賑わいがありました。また、江戸時代から曲げ物、櫛、漆器などの木工業が盛んで、旅の土産物として人気がありました。


― 馬籠宿 ―

馬籠宿は、木曽11宿の一番南の宿場町です。妻籠宿とともに人気があり、多くの観光客が訪れます。 石畳の両側にお土産物屋がならび、商いをしていない一般の家でも当時の屋号を表札とともに掲げるなど、史蹟の保全と現在の生活とを共存させています。また宿場の中間地点に、藤村記念館(島崎藤村生家跡)があります。


Copyright © MOL Kosan Co.,Ltd. All rights reserved.